【グラブル】ヴァルナなら比較的簡単にアルバハ編成が組める

アルバハHLで重要なのは経験と装備です。

経験とは慣れのことで、装備は特にHPを指しています。

団内でアルバハHLを経験し、慣れてきたら野良部屋を作って挑戦しましょう。

個人的にアルバハ初心者の方は経験を積むことを優先するべきだと考えています

この記事では、
経験を積むためのアルバハHL挑戦できる最低限の装備を組む方法を紹介していきます。

これを参考にしてアルバハHLに挑戦してみてください。

スポンサーリンク

HPが必要な理由

表1.アルティメットバハムートの特殊行動(トリガー)早見表

HP 特殊行動 対処方法
95 ダイダロスウィング ファランクス ディスペル
85 キルフレア ファランクス  クリア
75 バースコントロール ファランクス or かばう+無敵効果
70 神撃 ファランクス  ディスペル(個人)
55 キルフレア ファランクス
50 無属性シリウス かばう
45 ファランクス
40 無属性シリウス かばう
35 ファランクス
22 オメガブラスト ファランクス 
15 完全なる破局 100%カット
10 ビッグバン ファランクス
キルフレア ファランクス
ビッグバン ファランクス

表1はアルバハのトリガーです。

表を見たらわかる通り、アルバハはとにかくトリガーが多いです。

トリガー技は基本的に、ダメージが大きくファランクスが必須です。

また、通常攻撃も基本はダメージ量が大きく、70%~51%は全体攻撃をしてきます。

しかもトリプルアタックをすることもあるので、例えば5000ダメージを3回受けたら合計1万5000ダメージです。

HPは多い方が動きやすいのでHPは高くなるように編成を組みたい。

慣れるまでは主人公が3万以上、他は2万5000以上が理想。

目安程度だけどね。

初めの方は両面ヴァルナにしてHPを盛り、慣れてきたらフレンドからエウロペを借りて火力をあげると良いと思います。

 

水はHPを盛りやすい

ヴァルナ編成で使える武器には攻撃とHPを上昇させるスキルを持つものが多いです。

オベロン

スキル1:水の神威「水属性キャラの攻撃とHPを上昇(小)」

スキル2:渦潮の技巧「水属性キャラのDA確率とクリティカル確率上昇(中)」

オベロンはマキュラマリウスからドロップする武器

HPを増やしてくれるけど、入れすぎると火力が極端に落ちるので注意!

ウェルギリウス

スキル1:霧氷の守護「水属性キャラのHPを上昇(大)」

スキル2:水の攻刃「水属性キャラの攻撃力上昇(小)」

ウェルギリウスはコキュートスとゼノコキュートスからのドロップか交換で入手できる。
HP上昇量が大きいので最初の数回くらいまで編成に入れて慣れてきたら、他の武器と交換しよう。

 

フィンブル


スキル1:霧氷の渾身「水属性キャラのHPが多いほど攻撃力が上昇(大)」

スキル2:水の守護「水属性キャラの最大HP上昇(小)」

現状、フィンブルはヴァルナ編成では必須の武器です。
アルバハ戦では大きくHPを削られますが、それでも初速を確保できる渾身(大)は強いです。

最終十天は必要か?

答えは
2人必須ではない です。

最終ウーノがいれば最終十天に関しては問題はないという印象。

最終ウーノは2アビがめっちゃ強い。

4アビも安定感を増やす効果なので、最終カトルとどちらが良いか?

と聞かれたら最終ウーノをおすすめしたい

さらにウーノは3アビで100%カットを持っています。
HP15%での「完全なる破局」を1人で防げるのは本当に便利です。

ウーノがいれば3アビの使用間隔さえ管理すれば良いので非常にお手軽です。

かばうを持っているので、無属性シリウス(50%と40%)やバースコントロール(75%)などの単体ダメージを受ける事ができ討伐を安定させます。

十天衆でどちらを先に最終上限解放させるかで悩んだ場合

対アルバハHLに関して言うのならウーノ1択です

さいごに

わたしはこんな感じの装備でアルバハHLに行きました

※当時はオメガ槍→無垢槍でした

こんなんでも慣れれば十分戦えます。

ランク155になれば味方全体のHPリミボが貰えるので、155前後の方はスラ爆をおすすめします。

HPを確保できたなら、団内で慣れていきましょう。

装備に関してはいろいろ意見がありますが、まずは経験です。

団内であれば参戦者の方たちと相談してOKで出れば挑戦するべきだと思います

団内で強い方(慣れている方)がいれば1度相談してみましょう。

ヴァルナでは作りやすいと思ったので参考にしてもらえればうれしいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です