マグナ武器のドロップ率から3凸が揃うまでの日数を計算してみた

初心者卒業の指針となるマグナ武器集め。

マグナ武器には実用できる当たり武器とスキル餌にするハズレ武器があります。

赤箱から多くドロップするようには調整されていますが、体感では自発MVPの赤箱では若干ドロップ率が異なるように思いました。

そこで赤箱からのSSR武器ドロップ率を計算して、そこから当たり武器のドロップ率を計算しました。

さらに当たり武器のドロップ率からマグナ装備が揃うまでの日数を計算しました。

スポンサーリンク

検証条件

4属性マグナを1日3回、計100回自発して100回MVPを取る。

各クエストでドロップする自発赤箱とMVP箱の中身を確認して集計し、ドロップ率を計算する。

合計400回のデータを1属性あたりにするために4で割り、さらにSSR武器の種類が4種類なので4で割る。

これにより1か月(約100回自発)で攻刃武器をピンポインでドロップする期待値を概算する。

ただし、4属性のマグナの武器ドロップ率は種類に関係なく全て同じだと仮定します。

 

検証結果

自発赤箱

アイテム
SSR武器 57 14.3
SSR召喚石 14 3.5
SR武器 109 27.3
ソウルパウダー 0.8
HL自発素材 108 27.0
アニマ 11 2.8
マグナアニマ 54 13.5
真なるアニマ 44 11.0
回数 400 回

 

MVP箱

アイテム
SSR武器 23 5.8
SSR召喚石 1.8
SR武器 133 33.3
ソウルパウダー 63 15.8
HL自発素材 74 18.5
アニマ 65 16.3
マグナアニマ 35 8.8
真なるアニマ
回数 400 回

 

結果のまとめ

今回の検証結果をまとめてみます。

自発赤箱からのSSR武器ドロップ個数は57個でした。

SSR武器は種類に関係なくドロップ率が同じだとすると、1属性当たりの攻刃武器のドロップ数(期待値)は

57 ÷ 4 ÷ 4= 3.5 個   

つまり、1か月確定流しをした時に自発箱から入手できる攻刃武器は3~4つであるということです!

次にMVP箱からのドロップ率も計算します。

ドロップ数は23個でした。

同様に計算すると

23 ÷ 4 ÷ 4 = 1.4 個

自発箱からのドロップも含めると、100回の自発で4~5個の攻刃武器が集まるだろうという事がわかりました。

4~5個と言えば、無凸並べに必要な数です。

仮に5個のマグナ攻刃が編成に入るなら合計で20個必要ですから、

4~5か月で4属性は集め終わるという事です

日数に換算すると120日~150日です。

まぁ、あくまでも今回の検証結果からでた日数ですので鵜呑みにせず参考程度でお願いします。

 

所感

やっぱり自発箱の方がSSR武器はドロップしやすかった!

同じ赤箱でも自発箱の方がSSR武器のドロップ率は高い事がわかりました。

また、SSR武器のドロップに偏りは少なく、バランス良くドロップした印象があります。

まぁ、母数が少ないので1つドロップすれば数値が変動するので何とも言えないかもです。

ですが、確定流しさえできるようになればマグナ武器の収集はすぐ完了するのではないかと思いました。

 

そのため、いかに早くマグナ確定流しができるようになるかが重要なきがします

自発には1日に3回の制限がありますしね。

 

割とどーでもいいですが、HLの自発素材供給されすぎでは?(笑)

1日2回しか自発できず、1回自発するのに3つしか消費しないのに自発とMVP箱でそれぞれ27%と18%のドロップ率という結果になっています。

さらに金箱やHLの金箱でも落ちるので過剰供給すぎますよねw

あと召喚石も思ったより多く入手できた気がします。

全属性でエレメント不足が激しいマグナは日課にしていきたいところです。

 

武器集めは毎日コツコツが基本

SSR武器集めは短い期間ですぐに集めようとせずに、毎日コツコツと集めていくのが賢明です。

救援でも入手することは可能ですが、そうなると現実的に赤箱狙いになるため3位以内に入る必要があります。

また、2位と3位は赤箱のドロップは確定ではないため効率が悪いです。

救援の場合は確定流しが多いので、運が良くないとMVPはなかなか取れません。

ですから、1日3回の自発をしてMVPを取る事が武器集めは効率的なのです。

救援は武勲の輝き集めにために行いましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です