【グラブル】ダメージが出ない原因はOO!ダメージの上げ方を教えます。

グラブルを始めたばかりの方でダメージが全然出ない!という事はありませんか?

グラブルの武器編成はゲーム内の説明を読んでも正直良く分かりませんよね・・・?

30万、40万といった、大きなダメージを出すには武器スキルと編成の知識(コツ)が必要になります。

ダメージが出ない原因は編成にある可能性が高いです!

この記事では「ダメージが出ない」「もっとダメージを上げたいという方のために武器編成の基本について説明しダメージを上げる方法を解説します。

スポンサーリンク

前提:グラブルは武器ゲーである

この記事ではダメージを出す方法を書いているけど、その前にグラブルをプレイする上で大前提となる重要な話をさせてください。

グラブルは魅力的なキャラクターが多くて、好みのキャラがいたから始めたという方も多いゲームだと思います。
私もグラブルに対するモチベーションが爆上がりした理由はキャラでした。

攻略サイトにはリセマラランキングやキャラ評価ランキングがあるので、そこだけを見るとグラブルはキャラゲーだと思われがちですが、それは大きな間違い!

もちろん、極端に性能が高いキャラもいます。

ですが、強いキャラでも装備があってはじめて活躍します

つまり、キャラの評価は「武器編成が強い事」が大前提なんです!

グラブルは武器ゲーである
これは間違いなく言えることなので、頭に入れておきたい

ダメージ計算式の要点

グラブルは武器ゲーということについて詳しく書いていきます。

あなたはグラブルのダメージ計算式を見たことはあるでしょうか?
私は初めて見たとき、よくわからな過ぎて1度挫折しましたw

ダメージ計算式(一部)
基礎ダメージ =
攻撃者の攻撃力
× { 1 + 方陣攻刃スキル × ( 1 + マグナ加護 )}
× { 1 + 方陣背水スキル × ( 1 + マグナ加護 ) }
× { 1 +  EX攻刃スキル 
× { 1 + 通常攻刃スキル  }
× { 1 + 通常背水スキル × ( 1 + 神石加護  )  }
× { 1 + 通常渾身スキル × ( 1 + 神石加護  ) }
× (  属性攻撃力UP加護 + 属性攻撃力UPバフ - 属性攻撃力DOWNデバフ )

引用:グラブルwiki 様

これはダメージ計算式の一部ですが、武器編成のコツを知るには十分な式です

ごちゃごちゃしてますが、注目したいのは以下の2つ

1.
キャラの攻撃力に武器スキルが乗算されること

グラブルの基礎ダメージは【キャラの攻撃】に【武器スキル】が掛け算されて算出されます。
つまり、ステータスを上げてもダメージ量には大きな変化はないのです。

ダメージ量を増やすなら、キャラレベルを上げるよりも武器スキルの効果量を増やすほうが効率的と言えるでしょう。

2.
武器スキルには「枠」があり
[異なる枠のスキルは掛け算]、[同枠のスキルは足し算される]こと

武器スキルには枠という概念があり
異なる枠のスキルは乗算、同枠のスキルは足し算
というルールがあります。計算式上の各{ }内の部分が枠です

そのため、同枠のスキルで編成するよりも異なる枠の武器をバランスよく並べたほうが効率良くダメージ量を上げられる

以上2つのダメージ計算式の要点から、キャラ育成より武器集めと武器のスキル上げが効率的!ということはわかったでしょうか・・・?

ダメージを出すには・・・

やっと本題には入れますねw

ですが大前提がないと原理がわからないと思いましたので書かせてもらいました。

しかし、ダメージ計算の要点がわかればあとは簡単です♪

攻刃武器を並べよう

グラブルにはいろんな武器スキルがありますが、基本的に編成に入れて使用するのは攻撃力が上がるスキルです。

武器編成の基本は非常に単純で攻撃力が上昇して火力になる武器を並べること

攻撃力を上げて火力でゴリ押すのがグラブルの基本です。

攻撃力を上げる武器は主に攻刃と書かれている武器

まずはガチャで引いた武器やSRの武器でも良いので、該当属性の攻刃武器をひたすら並べよう

ここで注意したいのは無凸状態でも良いことです

武器の上限解放とレベルの上昇はステータスUPにつながるためスキルとは関係ありません

スキル効果量=攻撃力上昇量が大事なので
まずは無凸並べをすると効率が良いです

同じ武器を入手しても上限解放せずに、そのまま並べましょう。

主な攻刃武器
マグナ攻刃:各属性のマグナボスからドロップ
通常攻刃:ガチャ産の武器
EX攻刃:ストーリーイベント、サイドストーリーで入手

枠の異なる武器を並べよう

ある程度攻刃武器が集まってきたら、武器スキルの枠意識しよう。

先ほどのダメージ計算式の要点は「異なる枠は乗算」でした。
つまり
マグナ枠*通常枠*EX枠 ということです

同じ枠のスキルを持つ武器10本で編成を組むよりも

マグナ:通常:EX=4:3:3のように

枠の異なるスキルを並べた方が効率よダメージを上げる事ができます。

イメージしにくい方は次の例で考えましょう。

同じ枠の武器10本の編成のイメージ

10*1*1=10
※発動していない枠のスキルは等倍で計算される

枠が異なる武器を入れた編成のイメージ

4*3*3=36

このような式で考えると明らかですね?

武器編成は枠の異なるスキルを持つ武器で構成しましょう。

召喚石でさらに強化

召喚石の役割

次は召喚石についてです。

編成上での召喚石の役割は2つ。

1.ステータス強化

編成画面を見ると上の方に総合HPと総合攻撃力が表示されます。

これはキャラクターのステータスに加算される値です。

この値は大きいに越したことはないですが、強い召喚石はガチャ産が多いので最初は気にしなくてもOK

2.武器スキルの効果量を上げる

2つ目がめっちゃ大事!

召喚石には加護効果というものがあり、特定の召喚石の加護効果を使うと武器スキルの効果量を上げてくれるのです

加護には様々な種類があり、該当するスキルの効果量を上げてくれる。
ダメージ計算式では
{ 1 + 方陣攻刃スキル × ( 1 + マグナ加護 )}
のようにスキルの後に掛け算で登場する。

ステータスを乗算する値が上がり、その結果ダメージ量も上がるので加護効果はダメージを上げる方法として欠かせません。

しかし、加護効果を発動させるにはメイン召喚石として装備する必要があるので注意。

グラブルで無課金編成を作るならマグナ編成一択です

マグナ編成のメイン召喚石にはSSRマグナ召喚石を装備しましょう

各マグナの属性と強化するスキル

風属性:嵐竜方陣(ティアマト・マグナ)

火属性:機炎方陣(コロッサス・マグナ)

水属性:海神方陣(リヴァイアサン・マグナ)

土属性:創樹方陣(ユグドラシル・マグナ)

光属性:騎解方陣(シュヴァリエ・マグナ)

闇属性:黒霧方陣(セレスト・マグナ)

これらの召喚石は各属性のマグナボスからドロップで入手できるよ。

 

理想編成というのは武器スキルと加護効果を考慮してどの枠の武器を何本ずつ入れればよいかという話です。

当然、加護効果でスキル効果量が上昇する(マグナ)武器が優先して多く入りますが、ダメージ計算式的にはその上昇率に限界があるのです

そのため
マグナ:通常:EX=4:3:3ではなく、加護効果が掛かる枠の武器を増やして

実際は5:3:2や6:2:2となるのです

 

フレンド召喚石

次に知っておきたいのは、フレンド召喚石の選び方です。

フレンド召喚石は加護効果だけ受け取る事ができるシステム。

フレンド召喚石の選び方にもダメージを上げる方法があるよ。

先ほどのダメージ計算式は

マグナ枠*通常枠*EX枠*属性加護

でした。

武器スキルにさらに属性加護が乗算されています

つまり、自分がマグナ召喚石を装備しているなら、フレンド石には属性UP加護の召喚石を選んだほうが良というわけです!
もし、自分が属性加護の召喚石をメインで装備しているならフレンド石にはマグナ召喚石を選びましょう

加護効果が属性攻撃力UPの召喚石
風属性:グリーム二ル
火属性:シヴァ
水属性:エウロペ
土属性:ブローディア
光属性:ルシフェル
闇属性:バハムート

マグナ編成は基本的に
マグナ石*属性石
の組み合わせがおすすめされている理由がわかったでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

ダメージが出ない原因は
スキルと加護効果を生かせていなかったから
という事がわかったと思います。

攻刃武器無凸並べ、武器スキル枠をバランス良く入れる、加護効果を使う

最低限この3つを実行すればダメージは上がるはずです

まずはマグナ武器集めからはじめましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です