【グラブル】最終カトルの強さについて紹介

最終十天を評価するシリーズ。

今回はカトルです。

最終前のカトルはグラビティを入れるキャラ(スタメンには入らない)という印象でしたが、最終することで連撃率UPという形で火力に貢献する支援キャラになりました。

連撃が盛りにくいマグナをはじめ、ミュルグレスが足りていないヴァルナでもスタメンに入る強キャラです

以下でその詳細や実際に私の使用感を書いていきます。

スポンサーリンク

性能比較

まず最終前最終後の性能比較をみていくよ

最終前 最終後に追加されたもの
奥義 スロウ効果 奥義使用から3ターンの間、味方全体の連続攻撃確率UP(DA/TA+約35%)
1アビ 連続攻撃DOWN
攻撃30%DOWN(片面枠)
防御30%DOWN(片面枠)
スロウ
暗闇(ブラインドと同等の効果)
麻痺
毒(毎ターン9999ダメージ)
(効果は180秒/麻痺の効果は30秒)からランダムに弱体付与
Lv85で弱体効果2つ付与に強化
弱体効果の毒が『侵蝕』に変更/『喪失』が追加同じくランダムで付与
2アビ ターゲットに関わらず4回の単体ダメージ
180秒の間、敵全体の最大チャージターン増加
Lv95でダメージ6回に増加、敵全体の強化効果を1つ消去が追加
3アビ 味方全体の強化効果を1ターン延長
(効果時間が1ターンのアビリティを除き
全ての強化効果を延長)
変更なし
4アビ ダメージアビリティが最大4回まで連続で使用可能になる/弱体成功率UP

奥義効果には3ターンDA、TA35%UPが追加される。

これは最終四天刃の互換であるため、奥義発動ターンを含めて3ターンなので少し注意です。

奥義ずらしをして効果を最大に生かせるようにできると最高です。

1アビの変更点は弱体の種類に浸食喪失が追加されたこと。

浸食は弱体耐性が減少し、毎ターンHPが減少する効果。

喪失は被ダメージが上昇し、与ダメージが減少する状態。
これは独自枠の攻防10%DOWNで下限値(50%)を超えての弱体化可能です。

しかしどちらもランダム付与であるために、ソロ討伐をする際にデバフ枠として最終カトルを採用するのは若干厳しい

マルチであれば、喪失が入る確率が(結果的に)上がるので、どちらかと言うとマルチ向きなアビリティであることは注意したい。
誰かが入れてくれるという感覚です。

2アビの変更点はディスペルが追加されたことです。

ディスペルが必要な敵は限られるので、そこまで大幅な強化とは言いにくいです。

しかしアルバハでは大活躍します。

 

4アビについて

4アビはぶっちゃけて言うと弱いです。

他の十天衆と比較するともの足りない。

2アビなら1回で170万以上のダメージを与える。ダメアビとしては最強の威力。

1アビや2アビが支援キャラとしてのアビ効果だったのに4アビがダメージアビを4回使うだけって・・・。

1アビを使って喪失を狙っても10ターン後では遅いし、2アビだとダメアビ連打のみになるのでどちらも最終十天の4アビとしては微妙すぎる・・・

まぁ、奥義効果が連撃率UPでめちゃ強なので調整されたのかもしれません。

武器枠を使わずに奥義で連撃が盛れるだけでもマグナやミュルグレス不足のヴァルナにはありがたい事なので、最終カトル自体が強いのは間違いないです

 

最大の強みは連撃率UP

前述したとおり、奥義効果に追加されるDA,TA率UPが最終カトルを編成に入れる最大のメリットだと思います。

マグナで連撃率を盛るなら四天刃をメインに持つかオメガ武器を使うしかないですが、最終カトルを編成に入れれば連撃率の少なさは改善できます。

もちろん、効果は3ターンなので奥義回転を良くしないと物足りなさは残ってしまいます。

マグナⅡが実装されてからは、もともと火力不足なオールドオベロンを入れるかどうかさらに悩むようになり最終カトルの奥義効果は相対的に需要が増したように感じています

オルオベを入れると火力が足りないのでリヴァ短剣を増やすことになり、テュロスビネットの枠が厳しくなる・・・。

一方で、オルオベを抜くと武器で連撃を盛れるのがオメガ武器か四天刃くらいです。
でも、できればスキルレベル10の四天刃は入れたくない・・・。

オメガ武器は現状、3本しか作れないため水属性に使うかはかなり悩みました。
最終カトルgいる分、土や光のように連撃が圧倒的に足りないわけではないので即決しにくいです。

 

最終カトルの奥義効果を使いまわす=奥義を多く使う なのでテュロスビネットとの相性も良いように思います。

長々と書いてしまいましたが、要するに 最終カトル=連撃率を盛る武器代理 というわけです。

 

アルバハHLでの活躍

アルバハHLを水属性で挑戦するときは最終カトルがあるとかなり便利です。

必須ではないが、編成にいるとかなり便利という感じで、他のキャラでカトルの役割すべてを代用しようとすると枠が足りない気がします。(ウーノで1枠埋まっている前提)

ディスペルなんかはいい例で、主人公に持たせても良いけどカトルがいればその枠をほかに使えるので、アビ構成に自由度が生まれます。

10トール担当になったときはその性質上、暇になるので4アビからの2アビ連打で暇つぶしできます。

10トール担当でなくても15%で相手に付与されるバフを2つ消せるので4アビは活躍します。

4アビが欲しいと感じる貴重な場面です。

 

急いで最終する必要はなさそう

アルバハHLに水属性で挑戦しない限り、そこまで必須だといえないです。

マグナ編成でも四天刃で連撃率は補えますし、カトルの奥義効果目的で最終したほうが良いとも言えない感じがします。

むしろ、カトルを最終上限解放するために四天刃を砕いてしまうと強いメイン武器が枯渇します・・・。

私はアルバハHL用に無垢槍を作ってオメガ武器にしました。
しかし、マグナ2編成の完成後は土か風でアルバハHLに行く事が多いので、今はオメガ槍を汎用編成で使っています。

いやぁ、カツオ剣豪でもやらない限り四天刃はメイン武器としてかなり重宝しますね

つまり何が言いたいのかというと、最終カトルはアルバハHLに水属性で挑戦しない限り、急いで最終上限解放する必要もないのかなって。

十天衆を全員最終する予定ならヒヒイロカネがもったいないとは言えないけど、単純に水属性の大幅な強化や火力になることを期待して最終上限解放すると残念な気持ちになるかもです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です