【グラブル】間違いなく最終ウーノは十天衆最強クラス

ウーノは最終後に化けた十天衆の筆頭キャラだと思います。

控えめに言ってめちゃくちゃ強いです!

主な特徴(印象)はこんな感じ

1.マグナ・神石を問わず使いやすい
2.2アビと奥義効果が強くそれだけで十分な性能
3.水属性強化には最適キャラ

間違いなく最終してよかったと思えた十天衆の一人です

そんな最終ウーノの強さと使用感について書いていきます。

スポンサーリンク

性能比較

最終前 最終後の変更点
奥義 モードゲージ減少 4ターンの間、味方全体にHPが多いほど攻撃UP(最大20%/別枠乗算)/バリア効果(耐久2000)
1アビ オーバードライブ時の敵に11倍水属性ダメージ Lv85でアビリティダメージ上限上昇(上限約143万)、ターン短縮
2アビ 1ターンの間、単体攻撃を味方の代わりに受ける
カウンター効果
(通常攻撃を回避して3回まで反撃)
Lv95で自身に「刹那の閃き(攻撃大幅UP)」を付与が追加
※通常上限が約116万まで上昇
※奥義上限が約250万まで上昇
3アビ 味方全体の全属性ダメージ100%カット 変更なし
4アビ 3ターンの間、味方全体の全属性ダメージを軽減/被ダメージ吸収

 

最終後の印象

最終前のウーノは防御タイプのためか、火力となる要素が少なくまたデバフもないため、スタメンで入ることはありませんでした。

しかし、最終後は2アビをはじめ、純粋な火力キャラに変化しました

奥義効果もヴァルナ編成による渾身が一般的な水属性とかなり相性が良い為、これも最終ウーノが強いと評価できるところです。

奥義効果、アビリティどちらも使いやすく効果も有能ということでスタメンから外れることはほぼないかなと思います

最終カトルは条件によっては入らない可能性も出てきますが、最終ウーノどこでも入る万能の強さを持っています

 

2アビが使いやすくて強力

2アビはかばう効果を自身に付与するものでしたが、最終すると火力を上げるバフに変わります

単体攻撃の場合カウンターをするのでダメージアビリティにもなるのですが、そのダメージ量はすさまじいです。

貴重な高ダメアビなので、メカニックOTKでは重宝します。

 

2アビのバフを付与して奥義を使うと340万以上のダメージが出せる。

 

攻撃力大幅UPを無条件に付与できるということで使いやすさと強さの両方を持っています

CTも6ターンなので極端に長いわけではないです。

アルバハHLでは戦略的にかばう目的で使ったりしますが、シヴァ戦などでは普通に火力として使用することが多いです。

 

奥義効果も強力

最終ウーノは奥義効果もかなり強い

4ターンの味方全体にストレングス効果バリア効果を付与する効果です。

このストレングス効果は最大20%の別枠乗算なので火力がかなり上がります

攻刃枠の奥義効果は多いですが、ストレングスを味方全体に付与するのは珍しく、さすが最終十天といえる奥義効果な気がします。

オメガ槍や最終カトルで奥義回転を良くして奥義効果を切らさないように戦うのが理想。

発動ターン含めて4ターンの効果時間があるので装備や他キャラの支援で実現は可能である(全く奥義効果を切らさずに戦うのは運が絡むがそれに近いことならできる)。

 

4アビの出番は少なめ

2アビや奥義効果がめちゃくちゃ強い一方、4アビはそこまで多く使う頻度はない。

防御タイプにふさわしい効果になっている感じですね。

アルバハHLではトリガー以外はダメージの属性がランダムなので、一応需要はありますが使ったり使わなかったり・・・。

それ以外の敵は基本火属性が相手なので「全属性」のダメージ軽減の必要性が少ないという理由から、現状はほぼアルバハ専用のアビリティになっています。

しかし、4アビが他の十天と比べ弱い事も許せるくらい2アビと奥義効果が強い

奥義効果から4アビまで全て最強!という最終十天の方が少ないですしね。

アルバハHLでの活躍

ウーノは対アルバハには最終前から優秀なキャラではありましたが、順位争いできるくらいアルバハに慣れてくるとやはり最終ウーノの火力が欲しくなります。

2アビは基本的には火力として使いますが、バースコントロールやシリウスではかばう目的として使っています。

まぁ、シリウスをどのように凌ぐかは編成に入れるキャラやプレイング、討伐速度で変わるのではっきりした正解があるのかわかりません。

3アビは100%カットにも関わらずCTが短くて速度次第ではトリガーの度に使える。

奥義はバフ消去のトリガーに気を付けながら使用してなるべく効果を維持するようにすると順位を争えます。

 

 

まとめ

編成 相性
メカニックOTK
中長期戦
アルバハHL

最終前は100%カットを持つ唯一のキャラ(それしか取り柄がない)という印象でしたが、最終上限解放によって見事に水トップクラスのアタッカーになりました。(恐らく最強)

火力役という編成に入るために必要な要素を獲得し、文字通りのアタッカーです。

アビリティは全て癖がなく使いやすいものばかりで、防御から攻撃まで担う完成度の高いキャラとなっています。

メカニックなどの短期戦はもちろん、アルバハHLなどの長期戦まで編成に入るでしょう。

むしろ、ウーノを編成から外して代わりに誰を入れても速度が増すことは無いような気さえします

唯一欠点を上げるなら4アビが火力にならない事くらいでしょうか。しかし、それ以上に2アビと奥義効果が強い!

 

現状、最終ウーノを外してもそれを超える速度を出せる編成は組めるのか分かりません。

今後、武器が増えていき理想編成が変わったとしても、アビリティや奥義効果が優秀なのでなかなかスタメン落ちはないと思います。

キャラ編成を変えるにはガチャを回して勝たなくていけませんが、最終十天は頑張ればだれでも取れるのが最大の強み。

最終ウーノは大変な作業を伴って取るに値する水編成に革命をもたらしてくれるキャラです

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です